H21年度宇部市で多いがん検診の現状
2011 / 08 / 29 ( Mon )
宇部市保険センターによると、H21年度にがんで亡くなった人は全死亡者の
3分の1に当たる600人になっています。

山口県のがんによる死亡率は、全国8位です。

山口県で多いがんは

男性が肺がん・胃がん・肝臓がん

女性が肺がん・大腸がん・胃がん

の順で、肺がんが共にトップになっています。

宇部市で多いがんは

男性が肝臓がん・大腸がん

女性が乳がんです。

がん検診受診率ですが、

宇部市では、肺がんの検診率が35%と全国平均23%より飛びぬけて高率です。

胃がん(20%以下)・子宮がん(20%以下)・乳がん(15%以下)は、全国平均を大きく下回っています。
目標は50%です。
欧米では、乳がんの検診率は、80%です。

検診で発見された人は、症状が出て外来で発見された人に比べ、
肺がん、胃がんは3年生存率が2倍以上に高くなっています。

是非がん検診を受けましょう。


院長

日記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>