ささい放射線科でできるワクチン接種
2011 / 07 / 29 ( Fri )
○子宮頸がんをワクチンで予防

子宮頸がんはHPVウイルスにより発がんします。
発生は35才~40才にピークがあり、70才以上まで続きます。
HPVによる子宮頸がんはワクチンで予防できます。
他にワクチンで予防できるがんはありません。絶対おすすめです!
0日、1ヵ月後、6ヵ月後と3回の接種が必要です。
10才以上からの接種がすすめられます。上限はありません。
有効期間は20年です。
3回の接種で48,000円以下です。
子宮頸がん予防ワクチンは、7月20日より中学1年生から高校2年生まで
公費で接種できます。
※ 高校2年生は9月30日までに初回接種をしていないと自費になります。


○肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌による肺炎は一番多く、一番治しにくい病気です。
治すのに1ヶ月以上かかります。
ワクチンは5年間効きます。
70才になったら免疫力を付けるために、ぜひおすすめします。
接種料 7000円

○MRワクチン(麻風・風疹混合)

平成25年まで毎年中学1年生と高校3年生の方は無料で接種できます。

卒業後は1万円の自費になります。




院長

日記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>